食事が付かぬメリット

比較的リーズナブルで、観光やビジネス目的での滞在に人気のホテルには、朝食付きプランが準備されています。施設内のレストランで朝食バイキングなど、好きな料理をチョイスから滝量を楽しめるこのプランは、確実に食事を確保出来るメリットが魅力ですが、観光旅行での滞在となると、必ずしもベストマッチとは言えないのも事実です。慌ただしく取引先を目指されるビジネスマンにとっては嬉しいサービスですが、滞在先の街を堪能すべくの滞在であれば、1食分その機会が減ってしまうとも捉えられます。

またこうした食事サービスには、利用可能時間が設定されているのが一般的です。前夜日付を越えて夜の滞在先を楽しみ、翌朝はチェックアウトギリギリまでゆったり眠っていたい場合など、起床時間とのミスマッチも想定されます。やはりこうしたプランはビジネス目的での利用に向いていると言えるでしょう。

ベッド更に食事付きとなれば、どれだけリーズナブルと言えど、自ずと素泊まりと比較して割高になるのは致し方ありません。あくまでホテルを宿泊先施設と割り切っての利用から、少しでも長い時間多くの観光スポットを満喫されるのであれば、素泊まりプランの活用を最有力候補に挙げ、訪問予定先への交通アクセス面なども確認から、利用される宿泊先を決定いただくのがベストです。