食事が付かぬメリット

比較的リーズナブルで、観光やビジネス目的での滞在に人気のホテルには、朝食付きプランが準備されています。施設内のレストランで朝食バイキングなど、好きな料理をチョイスから滝量を楽しめるこのプランは、確実に食事を確保出来るメリットが魅力ですが、観光旅行での滞在となると、必ずしもベストマッチとは言えないのも事実です。慌ただしく取引先を目指されるビジネスマンにとっては嬉しいサービスですが、滞在先の街を堪能すべくの滞在であれば、1食分その機会が減ってしまうとも捉えられます。

またこうした食事サービスには、利用可能時間が設定されているのが一般的です。前夜日付を越えて夜の滞在先を楽しみ、翌朝はチェックアウトギリギリまでゆったり眠っていたい場合など、起床時間とのミスマッチも想定されます。やはりこうしたプランはビジネス目的での利用に向いていると言えるでしょう。

ベッド更に食事付きとなれば、どれだけリーズナブルと言えど、自ずと素泊まりと比較して割高になるのは致し方ありません。あくまでホテルを宿泊先施設と割り切っての利用から、少しでも長い時間多くの観光スポットを満喫されるのであれば、素泊まりプランの活用を最有力候補に挙げ、訪問予定先への交通アクセス面なども確認から、利用される宿泊先を決定いただくのがベストです。

宿泊先と特化した利用

ホテルいわゆる日本旅館への宿泊であれば、部屋まで運ばれる料理や付設の大浴場などを、ゆったりとした時間の流れの中で楽しむのも主目的の1つとなります。対してホテル滞在の場合、この宿泊施設の楽しみ方には複数の選択肢が存在しており、滞在目的や予算面などと兼ね合わせ、結論に沿ったホテルをチョイスから活用する事で、より希望に沿った滞在が叶います。たとえば食の街として知られる大阪観光であれば、やはり地元で有名なグルメ満喫は外せず、ホテルのレストランでの一般的なディナーを選ぶ方々は少数派でしょう。

こうした目的での滞在の場合、食事付きのホテルを選択から、相応の料金を負担しての宿泊はミスマッチとなってしまいます。更に限られた滞在時間の中、少しでもよりアクティブに行動したいのであれば、ホテルを単なる休養入浴睡眠施設と割り切り、素泊まりが可能な施設を選択から、宿泊費を抑えるメリットまで活かしてしまうプランが浮上します

一昔前であれば、格安施設として共同浴場付のカプセルホテルが人気を博しましたが、今日ツインやダブルルームの素泊まりホテルが人気を博しています。繁忙期と処される時期には、非常に早い段階から予約が埋まってしまう傾向が見られますので、宿泊先確保は早目の対応が確実です。

ホテルの素泊まりプラン

楽しみな旅行プランを立てられるに際し、宿泊施設であるホテルをどのような位置づけとして捉えるのか、時に一緒に行動する仲間との間で意見が分かれるケースも見られます。各々の旅行の主目的や価値観が反映され、時に意見の擦り合わせが必要となりますが、これもまた気の合う相手との旅行の楽しみの1つです。

若者たとえば予算と時間に十分な余裕があれば、奮発してリッチなホテルに滞在する時間も満喫したいと、誰もが期待感を膨らませる事でしょう。話題の施設やレストランなど、ゴージャスな時間もまた旅行ならではの非日常感であり、可能であればぜひ体感したいところです。対してより多くの観光スポットや地元密着のグルメスポットを訪問したいのであれば、ホテルは睡眠と休息され確保出来れば十分との位置づけとなります。アクティブな若い世代の方々を中心に、こちらのスタイルに即したホテルを利用から、宿泊に要する費用を抑える傾向が見られ、ある意味経済的に賢い旅行プランだと捉えられます。とりわけ限られた予算内での観光旅行であれば、宿泊施設に費やす予算を上手にカットするメリットが見過ごせません。

ここでは以下、敢えてホテルには食事などのオプションのサービスを求める、あくまで宿泊先としてのみ活用する素泊まりプランに視線を合わせ、基礎知識的な情報をご紹介します。そのメリット上手な活用法など、旅行計画を立てる上で活かしていただける内容ですので、ぜひご参照ください。

参考頁⇒大阪 東急REIホテル | 大阪駅徒歩10分の好立地【公式サイト】